アメリカ留学でやるべき事とは
2018年9月30日

留学で寮に滞在する場合のメリットとデメリット

留学の滞在方法のひとつとして挙げられるのが、寮です。

大学寮の場合、キャンパス内に建っていることが多く時間がない朝にすぐに教室まで行けるところが魅力として挙げられます。語学学校であっても大学の付属で空きがあれば入ることができて、現地の学生と共に生活をします。基本的には一人部屋ではなく二人から三人のルームシェアタイプとなっています。

デメリットとしては二人から三人部屋なので部屋が狭く感じたり、人間関係のトラブル、寮費が割高であるという点です。気の合う人と同室になった場合は非常に楽しいですし、学校やプライベートの相談までできるので学生生活が充実しますが、気の合わない人と同室になった場合はストレスに感じることがあります。

考え方はひとそれぞれなので注意をしても聞いてくれなかったり、違う国の留学生が同室の場合は生活習慣が全く異なることもあります。基本的には部屋に余裕があれば部屋を変えてもらうことは可能ですが、時間と手間がかかり、同室だった人とも気まずい関係になってしまう可能性があります。

メリットはホームステイやアパートで暮らすよりも友達が増えたり関係が深くなったり信頼できる人と出会えることです。また一緒にご飯を作ったり喋ったりパーティーをしたりと楽しい思いでも作ることができます。

このように寮生活にはデメリットもあるかもしれませんが、メリットもあり他の滞在方法をとっている方が羨ましがることもよくあります。留学をする上で滞在先の選択は非常に重要になってくるのでよく考えて選ぶようにしましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *