アメリカ留学でやるべき事とは
2018年10月24日

技芸を極めるために留学を決意する人もいる

賢くなりたいがために留学するのが通例化しているものの、技芸の世界で頭角を現すことを目指すために渡航する人も少なからずいます。

後者の留学生が母国で能力を高めないのは、二つの要因が成功の足かせになるからです。人間に与えられた時間は有限ですから、可能な限り短い期間で達成させようと考えるのは自然なことです。技芸は土地の文化しだいで発展するか否かが決まるので、携わる人口が多い場所で努力すると能力が高まりすくなります。発祥の地に留学する決断は、技芸を極めたい多くの人が一度は考えると言ってもいいぐらいの選択肢です。

母国でも技芸の道に進むことができる環境が整っていても、発祥の地でなければ浅い知識や技術ばかりを習得してしまいかねません。とりわけ長い歴史を持つものであれば、黎明期に関わりが深い人物が活動する国に留学したほうが多彩な話を聞かされたり技法を伝授される傾向にあります。

母国ではマイナーな技芸であるほど、留学の効果が大きくなりがちです。伝承者が少ないと身につけられる範囲が急激に狭まりますから、技芸の世界で優位に立つことは難しくなります。

その一方で、道を歩いていれば高い技能を有する人物を定期的に見られる場所なら質の高い教育が受けられます。正統派の技術は、関係する人物の数が多い地域で脈々と伝えられているからです。誤りがあれば正してくれる存在が近くにいますから、異端な発展につながりにくい環境が影響しています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *