アメリカ留学でやるべき事とは
2019年1月12日

緊張する留学先のクラスでは頑張って話してみよう

海外留学先の語学スクールでは、生徒の能力に合わせてレベル分けが行われます。

初日に、クラス分けのテストがあって、リスニングやリーディング、ライティングなどの試験を受けます。その結果を元にクラスが決まります。留学生のレベルに合わせた授業が行われるので、難しすぎたり簡単すぎたりといったことはありません。もし、授業についていけないとか、十分知っていることを教わっているということであれば、学校のオフィスに相談してクラスを変えてもらえます。

同じクラスに振り分けられたのにも関わらず、他のクラスメイトとの英語力の違いに驚くことがあります。アジア系の学生は文法やリーディングに強いのに、あまり喋れない傾向にあります。イップで、ヨーロッパ系や南米の生徒たちはたくさん話せるのに、話している英語の文法はめちゃくちゃであることが多いです。日本人の留学生は、英語を文法通りにしっかりと話せなければならない、という見えないプレッシャーを抱えていて、なかなか授業中に発言できないことがあります。

しかも、他のクラスメイトがペラペラ英語を話しているように聞こえて、余計に自信をなくしてしまいます。そこで負けずに発言するように心がけるのが上達の秘訣です。ペラペラ話しているように聞こえるクラスメイトでも、よくよく英語を聞いてみると文法が間違っていることが多いです。間違っても話す度胸を身につけるのが大切です。クラスの中では間違っても良いし、実生活の中でも、まずは相手に言いたいことを伝えることを目標にすると上達しやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *