アメリカ留学でやるべき事とは
2019年4月6日

留学経験は国際系の会社に入る上で大事になります。

英語力は学校や会社で高く評価される特別なスキルです。

海外の方々と交流する機会が増えた今、英語力はどの分野においても求められる社会人の素養になります。教育関係、翻訳関係、国際物流関係の会社に就職したい学生は、留学経験があった方が良いでしょう。実際に近年では大学生の多くが留学を行っています。大学によっては、海外生活の準備をサポートする窓口がありますので、興味がある方は校内で質問しましょう。

日本人学生の間で、評判が良い国としては、欧米の先進国が挙げられます。また最近では成長力が期待される発展途上国へ留学に出向く好奇心旺盛な学生も少なくありません。中国や韓国、台湾、シンガポール、ミャンマー、タイ、オーストラリアなどの地域が日本人に人気です。基本的に一部の国を除き、日本人への好感度は極めて良好です。アジア系の留学生は旅先で差別される、といった意見がありますが、それは過去の話であり、それもまた実際はレアケースが大半です。

ただ日本の学生は世界的にも多忙な事で有名であり、十分な時間が確保出来ない方も少なくないでしょう。しかし、杞憂する必要はありません。なぜなら、今では短期留学という新しい仕組みがあるため、夏休みの時期を充てるだけで海外での勉学が可能になりました。語学や文化を学ぶだけなら、短期でも満足行く結果が得られますし、大学によっては、海外での勉学が単位として認定されます。ロシア語や仏語もまた近年ではスキルとして、就職活動で評価されるため、おすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *